浜田 均 プロフィール

浜田均 プロフィール

省略文

1953年北海道富良野に生まれる。
函館ラサール高校卒業後、東京都立大学に進学するが傍ら早稲田大学モダンジャズ研究会に参加して演奏活動を始める。
卒業後、東京芸術大学別科打楽器に進学して、有賀誠門、高橋美智子に師事する。
修了後、「猪俣猛&フォース」でプロデビューし、ジャズヴァイブラフォン奏者として高い評価を得る。
解散後FM放送のパーソナリティーを担当したり、色々なミュージシャンのアルバムに参加したり、大学の講師を務めたり多彩な活動を繰り広げる。

2001年のリーダーアルバム「FOX DANCE2008年のユニットQuiet TriangleでのアルバムQuiet Triangle」を発表し共に大好評である。
作曲では「SORACHIⅡ」「Hanker Cool Site」が多くの音大生に取り上げられている。
打楽器アンサンブル「Hanker Cool Sight」「Yaggy Yaggy Yaggy」「ヴィブラフォンと4人のマリンバ奏者による組曲FURANO第一集・第二集」
「名曲から学ぶ即興演奏法第1巻・第2巻・エチュード」をコマキ楽器から出版している
長年にわたり尺八奏者のジョン海山ネプチューンをサポートし、特に「竹竹」は注目を浴びている。
2005年と2010年2015年には和太鼓奏者ケニー遠藤のグループのメンバーとして全米ツアーに参加している。
2013年還暦記念音楽会シリーズを年間を通して行った。2014年サックス奏者佐藤達哉とデュオユニット「METALUTION」を結成し、6月にCDMinor Resolusion」を発表。2016年打楽器奏者服部恵とデュオユニット「Mallet GANG」を結成。佐藤達哉(Sax)とのデュオユニット「METALUTION」のCDEastern Vibration」(ディスクユニオン)。
2016年打楽器奏者服部恵とデュオユニット「Mallet GANG」を結成。2018年自身がリーダーを務める「Pentágono Quieto」(ペンターゴノ キエート)の最新アルバム「 NEGUNAL」(ネグナル)を発表。

 

 


詳細文

1953年北海道富良野に生まれる。
6歳からマリンバを習い13歳まで続ける。
15歳、高校2年生の時ジャズが好きになり。マリンバを使ってジャズの練習を始める。高校(函館ラ・サール高校)の軽音楽クラブでジャズバンドを作って演奏も始める。
東京都立大学理学部物理学科に進学するがその傍ら早稲田大学モダンジャズ研究会に参加してヴァイブラフォンで演奏活動を始める。
その後どんどんジャズにのめり込んで行き卒業後音楽の道を志し東京芸術大学別科打楽器に進学して有賀誠門、高橋美智子に師事する。
修了と同時に、猪俣猛のグループ「フォース」でプロデビューし4年間日本全国、アメリカ、シンガポールでコンサートを行い7枚のレコードをリリースしてジャズヴァイブラフォン奏者として高い評価を得る。(80年4月~84年3月)
グループ解散後は、フリーランスミュージシャンとして
多数のセッション、レコーディングに参加する。
主な記録
☆1984 
 ピアニスト西直樹とのデュオのレコード「メモリーズ オブトゥモロー」をリリース。現在はクラウンレコードよりC.D.化されて発売されている。
☆1987 
 尺八奏者 ジョン・海山・ネプチューンのアルバム「ジャゼン」に参加。コンサートも行う。
☆1988 
 写真家 那須野ゆたか氏の風景ビデオ「彩の大地」の音楽を担当。 
☆1989
・FM東京で「浜田均のサウンドスプレッド」という番組を担当。毎週多彩なゲストを迎えてセションをし、好評を博する。
・漫画家中山星香さんのイメージアルバム「花冠の竜の国」(ポリスターレコード)を制作。
☆1990 
 子供の城児童合唱団の指導者吉村温子さんと「父の日コンサート」を制作・ 出演する。吉村さんとは現在も障害児のためのコンサート等を行っている。
☆1991
・FM横浜にて「オリコ ライブ7」という番組のパーソナリティーを担当。
 世界中のミュージッシャンとセッション、インタビューして、
 高い聴取率を得る人気番組となる。(19969月終了)
・ギタリスト 井上博とのユニット「デル・マーレ」を結成。
 アルバム「オブ ザ シー」(J.V.C.)をリリースする。
☆1993
・ジャズヴォーカリスト中本マリとアルバム「イン スタイル・フイーチャリ  ング/デル マーレ」(J.V.C.)をリリースする。
・写真家 那須野ゆたか氏の写真集「夢の時」のイメージアルバム「夢の時」を制作する。全てオリジナルの書き下ろしの曲で制作。(Victor PRCD-5089)
・八ヶ岳高原音楽祭に出演。
☆1994 
 写真家 那須野ゆたか氏の風景ビデオ「夢の時」の音楽を担当。
☆1995 
 劇団ひまわり大阪の「木馬が乗った白い船」の音楽を担当する。
☆1996
・劇団ひまわりファンタジーシアター「はらぺこプンタ」の音楽担当       
・同ミュージカルクラス「キッズエンターテインメント」の音楽担当 
・尺八奏者 ジョン・海山・ネプチューンの
 全て竹で制作した楽器のバンド「TakeDake」(竹竹)に参加 
・神奈川フィル打楽器奏者の藤本隆文とvib.&Marimbaのデュオユニット
「浜田・藤本 D.K.P.Project」を結成。
 マルチジャンルコンセプトユニットとして注目を浴びる。
☆1997
・浜田の住んでいる品川区八潮において、父母の協力を得て
「八潮の子供たちと良い音楽を作る会」を結成して。
 子供たちや父母とハンドベルのクラブを始める。
・その会主催でアメリカユタ州のアブラミアン弦楽四重奏団と国際交流コンサートを行う。        
・劇団ひまわり「アイス ウルフ」の音楽担当
・猪俣 猛の打楽器アンサンブルに参加してバリ島のスエントラさん率いる
 ジェゴグとバリ島にて、ジョイントコンサートを行う
・パナソニックマルチメディアセンターホールで「浜田・藤本 D.K.P.Project
 と八潮ハンドベルクラブのジョイントコンサートを行う。
☆1998
・オペラシティーホールにて武満徹さんを偲んだニューイヤージャズコンサートに出演。
・「竹竹」のC.D.Asian Roots」発売記念コンサートを草月ホールで行う。
・松岡直也さんのCD「エメラルドの夢」に参加
・「八潮の子供たちと良い音楽を作る会」主催のコンサートの第2段を6月に行う。 
 1部では出演者のフェビアン・レザ・パネさんと藤本隆文さんと浜田の演奏する
 組曲「フラノ」にハンドベルクラブも参加する。
・この時、同時に浜田書き下ろしの作曲集C.D.
「Holy Hill」(オフィスフラノ)をリリース。
 このアルバムには13曲それぞれに画家葉祥明さんの絵が付いていて
 絵と音楽のコラボレーションが好評を博す。
 コンサートでも葉さんの絵をスライドにして写し、
 又、葉さんが飛び入りで詩の朗読をしてくださって共演する。
・この時の、生の音楽と葉さんの生の詩の朗読との共演が好評で、
 9月に東大和で「心に響くコンサート」というタイトルで
 葉祥明、フェビアン・レザ・パネ、浜田という出演者で行う。
・ ハンドベルクラブが12月恵比寿ガーデンプレースで4日間演奏する。
☆1999
2月「心に響くコンサート」第二段を富良野で行う。この時はフルート奏者の  赤木りえさんが参加する。
・3月 北部方面音楽隊の定期演奏会にゲストで出演。
・9月 フェビアン・レザ・パネ(Pf.)C.D.アルバム「森のうた」に全曲共演
・10月 平田文一(Pf.) C.D.アルバム「ヌエストラ ヴィダ」に参加。
・11月 組曲「FURANO」コンサートを、弦楽4重奏、オーボエ、マリンバ、
ハンドベルと行う。
☆2000
・6月 ハワイで活躍する、和太鼓奏者のケニー遠藤のプロジェクトに参加。日本橋公会堂でコンサートと録音をする。
・8月 品川教会にて、E音会ハンドベルクラブ・バッハクラブのコンサートを行う
・10月 和太鼓奏者ケニー遠藤のハワイコンサートに参加。
・10月より半年間 東京芸術大学打楽器科の非常勤講師を務める。
☆2001
・2月 リーダーアルバムの録音に入る
・3月 以前より要望の高かった「SORACHI SECONDの楽譜を出版する。
・6月 リーダーアルバム「FOX DANCE(Cloud 9)を「浜田均with ガネーシャントリオ」というユニットでリリースする。フェビアン・レザ・パネ(pf.)吉野弘志(Bs.)八尋知洋(Per.)がメンバー。
☆2002
・2月 ジャズヴォーカリストTOKUの「ウィンズ・オブ・チェンジ」に参加。
・5月 南 佳孝のアルバム「BLUE NUDE」に参加。
・12月 大黒摩季のアルバム「PRESENTs」に参加。
☆2003
・3月 「竹竹」セカンドアルバム「Bamboo Born」リリース
・6月 NHK-FMの番組「セッション505」に浜田均with ガネーシャントリオで出演。反響が大きくインターネットを通してCDの購入者が多数出る。
☆2004
・3月 打楽器アンサンブル用「Hanker Cool Sight」を作曲。録音する。
・5月に譜面が
コマキ楽器(JPCより発売。
・4月 
コマキ楽器で月1回の「インプロビゼーション講座」を開始する。
☆2005
・6月 打楽器アンサンブル用楽譜とCDYaggy Yaggy Yaggy」がコマキ楽器(JPCより発売。
・10月 猪俣猛、有賀誠門、藤本隆文と4人で浜離宮ホールにて「あるがままに、いのままに」というコンサートに参加。大好評!
・10月から11月 ケニー遠藤(和太鼓)のグループでアメリカのハワイ、東海岸、L.A.のツアー
☆2006
・2月 「名曲から学ぶ即興演奏法第1巻」がコマキ楽器(JPCより発売。
・5月 富良野にて赤木りえ、古川麦とのユニットで「富良野の四季」を演奏
大好評につきユニットしての活動開始
・10月 自衛隊第一音楽隊「ファミリーコンサート」にゲスト出演
☆2007
・3月 「名曲から学ぶ即興演奏法第2巻」がコマキ楽器(JPCより発売。
・4月 近畿大学吹奏楽部コンサートにゲスト出演
・5月 
赤木りえ、古川麦とのユニット本格始動CD制作に向けて準備開始
12月 青山劇場チャリティー公演「クリスマスの贈物」に出演
☆2008
・2月 
赤木りえ、古川麦とのユニットを「Quiet Triangleとして録音開始
・6月 
赤木りえ、古川麦とのユニット「Quiet TriangleCD発売!都内での発売記念ライブ開始
・9月 
「Quiet TriangleCD発売記念北海道ツアー
・12月 
「Quiet TriangleNHKFM放送「セッション」に出演
・12月 青山劇場チャリティー公演「クリスマスの贈物」に出演。
☆2009
・1月 Quiet Triangle+海沼正利でNHKFMセッション2009の放送
・3月 近畿大学吹奏楽部コンサートにゲスト出演
8月 FM秋田主催のコンサートに出演。
・12月 青山劇場チャリティー公演「クリスマスの贈物」に出演
☆2010
・1月 日本の音楽展にて「SORACHIⅡ」が取り上げられる。
・8月 出身校函館ラサールのジャズ研OBで録音。
・10月から11月 ケニー遠藤(和太鼓)のグループで全米ツアーに参加。
☆2011
・5月 ケニー遠藤・仙波晴彦 曼荼羅GIGに参加
・12月 猪俣猛&FORCE再結成
☆2012
・3月 書き下ろし打楽器アンサンブル「ヴィブラフォンと4人のマリンバ奏者による組曲FURANO第一集」発表。
・4月 ジョン海山ネプチューンとベルギー公演
・5月 サックス奏者佐藤達哉とデュオユニット開始。併せてバンド結成の準備に入る。
・8月 石和温泉糸柳ジャズナイトに出演
・10月 FM秋田の公開録音に出演
・11月 NHKソングス高橋真理子の番組出演が放送
☆2013 還暦記念音楽会シリーズ開始
・1月14日 還暦記念誕生日音楽会 成城ホール 猪俣猛&FORCE ゲスト ジョン海山ネプチューン 大雪。
・2月  オウチーノコマーシャルを作成評判になる。
・1月31日 還暦記念音楽会GIG LastWaltz 浜田佐藤西スーパークインテット 
・3月29日 還暦記念音楽会GIG LastWaltz 浜田佐藤西スーパークインテット
・5月31日 還暦記念音楽会GIG LastWaltz 浜田佐藤西スーパークインテット
・7月19日 還暦記念音楽会GIG 和光市文化センター 浜田佐藤西スーパークインテット。

・7月27日 還暦記念音楽会組曲「ふらの」コンサート 大井町きゅりあん小ホール E音会アンサンブル
・7月28・29日 還暦記念音楽会GIG 石和温泉糸柳ジャズナイト 浜田佐藤西スーパークインテット
・7月31日 還暦記念音楽会GIG LastWaltz 浜田佐藤西スーパークインテット
・9月16日 アンサンブル ノマド 定期演奏会に 客演
・10月26日 還暦記念音楽会 相模湖交流センター 猪俣猛&FORCE
・12月    還暦記念音楽会in富良野 
☆2014
・2月YOKOのアルバム「Welcome to my SpaceⅡ」に参加
・6月佐藤達哉とのデュオユニット「METALUTION」で「Minor Resolution」を  発表。ツアーも行う
☆2015 
・5月
TOKUのアルバム「Dear Mr.SINATORA」に参加。
・10月 ケニー遠藤(和太鼓)のグループで全米ツアーに参加。
☆2016 
打楽器奏者服部恵とデュオユニット「Mallet GANG」を結成。
・10月佐藤達哉(Sax)とのデュオユニット「METALUTION」のCDEastern Vibration」(ディスクユニオン)。
☆2017 
打楽器奏者服部恵とデュオユニット「Mallet GANG」を結成。
佐藤達哉(Sax)とのデュオユニット「METALUTION」のCDEastern Vibration」(ディスクユニオン)。
☆2018 
ブラジル音楽とオリジナルを中心に演奏する「Pentágono Quieto」(ペンターゴノ キエート)を結成。アルバム「 NEGUNAL」(ネグナル)を発表


 

 

☆20


戻る